曲芸師
先週話題になったことといえばこれではないでしょうか。

ガンホー、『パズル&ドラゴンズ』の「クリスタル・ディフェンダーズ」コラボにおける「曲芸士」スキルについて説明…下方修正の予定は無し

「クリスタル・ディフェンダーズ」とのコラボで登場させた「曲芸士」が強すぎて、
バランスブレイカーとなっており、既存ユーザーなどから反発の声が出ているとか。
最近パズドラやっていないので体感値と把握しきれていないのですが、 
結構なレベルで燃えてしまっているみたいですね。

「パズドラ」大炎上の元凶「曲芸士」ってドラゴンボールで例えるとどれくらいヤバいの?

【パズドラ】曲芸士事件発生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!【まとめ】

どうやって収束するかはさておき、コラボでこういうことが起きると悲しいですね。

とは言いつつもパズドラやモンストレベルになるとコラボの依頼はひっきりなしでしょうし、
相手先のことも考えるとこの辺りの舵取りは相当に難しそうだなと。
よく相手先に「魅力のあるステータスで!」みたいなこと言われますけど(ry

さて、そんなコラボ周りで先日某有名タイトルの中の人とと話していたら、
「コラボの依頼がとんでもない数あって、もはやメディアみたいな感じ」と言っていたのが印象的でした。

確かにパズドラやモンストぐらいであればDL数で3,000万とかですし、
さらにお金を使うと証明されたユーザーが多くいますのでメディアとして魅力的ですよね。
僕が「自分のブログの導線をヤフーに貼ってもらえたら」と思うのと同じですねw

そんなわけでパズドラの今までのコラボをまとめてみました。
他ゲームもあるでしょうし、ゲーム以外ともたくさんあるはず。

コラボ相手時期(初回)
北斗の拳2015年2月
DCコミックス2014年11月
モンスターハンター4G2014年10月
ビックリマン2014年8月
ドラゴンボール2014年6月
聖闘士星矢2014年6月
BEAMS2014年5月
ラグナロクオンライン2014年5月
ハローキティ2014年1月
HUNTERXHUNTER2013年12月
パズドラZ2013年12月
アングリーバード2013年11月
バットマン2013年10月
サーティワン2013年10月
ドラゴンズドグマ2013年9月
アイルー2013年9月
高岡市2013年9月
ラグナロクオデッセイ エース2013年8月
グルーヴコースター2013年8月
セブン-イレブン2013年6月
Clash of Clans2013年6月
エヴァンゲリオン2013年5月
神羅万象2013年4月
カピバラさん2013年4月
未知の来訪者(Google)2013年3月
ケリ姫2013年1月
クリスタル・ディフェンダーズ2012年11月
ぐんま2012年10月
ECO2012年9月
太鼓の達人2013年8月
※時期は初回を対象。復刻系は除外。

漏れはあるかもですがザッとこんな感じでしょうか。
こうやって改めて見ると凄いコラボばっかりやっていますね。

ドラゴンボール、エヴァ、聖闘士星矢、HUNTERXHUNTERなどなど。
ガンホー系が多いのはご愛嬌ですが幅広くコラボしています。

僕はエヴァ大好きなんですがエヴァコラボのときは凄くテンション上がったし、
ガチャで軽く数万は使った覚えがwそう思うとコラボって偉大ですねw

あと見渡して思うのがゲームとのコラボはかなり少なくて、
いわゆる大型IPとの作品によるコラボですがそれらのIPもコラボタイミングで何かあるんですよね。
タイトルは違うけどモンストがいま「タートルズ」とコラボしているのとかがわかりやすい。

これだけユーザー多いとゲーム内でコラボすることがTVCMレベルの影響あるかもですし、
やっぱりこうやって見てもほぼ1つのメディアとして成り立ちつつありますよね。
コラボ受ける側も良い条件で大型IPのキャラをゲーム内に登場させることができますし、
それで売上増&新規ユーザー増が見込めるのでユーザーも含めて三方よしという感じでしょうか。

さすがにモンストとパズドラがコラボすることはないでしょうが、
今後この2タイトルがどんなコラボを仕掛けていって数字を維持していくのかは興味ありです。


スポンサーリンク