先日ゴロゴロしながらApp Storeのランキングを眺めていました。
その際にこんなつぶやきをば....

実際のところはどうなんだろと思いましたので調べてみました。
ちなみに上記はゲーム総合ではなくてアプリ総合だったので、
今回はゲーム総合に絞って調べてみましたよっと。

10月8日時点の情報だとこんな感じになっております。
ダウンロード
(画像は色々と試行錯誤中です。悪しからず。)

2本以上だと多くなりすぎるので今回は3本以上ランクインでバイネームで会社名出しています。
ちなみに2本以上の場合についても下記のテキストで補足しておきます。
(子会社に該当すると思われる会社はまとめてあります。)

バンナム(10本)
LINE(9本)
CyberAgent(7本)
コロプラ(6本)
セガ(5本)
スクエニ(5本)
Supercell (3本)
KONAMI (3本)
King(3本)
サイバード(3本)
ガンホー(3本)
KLab(2本)
アソビズム(2本)
Donuts(2本)
Asobimo(2本)
D2C(2本)
エイチーム(2本)
DP CORPORATION (2本)
gumi(2本)
GREE(2本)

LINEが1位なのかなと思っていたのですが、
ゲームに限るとバンナムが10本で1位となっておりました。
他にもセガやスクエニなどコンシューマー系が強い印象。 

サイバーは子会社もまとめての本数ですが7本と大健闘しております。
同じグループとはいえ会社が違うとノウハウの共有などしづらいだろうに、
そんな環境下でもこの本数は良い体制が出来ている証拠ではないでしょうか。

コロプラも6本となっており、さすがの一言。

僕の大好きなmixiタソはモンスト1本しかないのでここには上がらず。
だけどランキングはずっと2位ですからね...

そして何かこれだけだと情報として勿体ないと思ったので、
半年前の2014年4月8日のデータも調べてみました。
(世の中比較しないとわかりづらいですからね!)
ダウンロード
さらに同様にテキストで2本以上の会社を補足します。

LINE(9本)
バンナム(9本)
GREE(8本)
コロプラ(6本)
CyberAgent(6本)
セガ(6本)
ガンホー(4本)
サイバード(4本)
スクエニ(3本)
KLab(3本)
KONAMI (3本)
D2C(3本)
Supercell (2本)
Asobism (2本)
DeNA(2本)
Asobimo(2本)

特筆すべき点としてはGREEがなんと8本もランクインしているという点でしょうか。
内訳としてはGREE3本、ポケラボ5本なのでポケラボメインではあるのですが...
そういえばネイティブ黎明期はポケラボの独壇場な時期もありましたもんね。。。
(実はGREEの3本は全てガワネイティブだったり...)

LINEとバンナムは既にこの頃から猛威を奮っております。
ちなみにmixiタソは相変わらずモンスト1本だけです。

とこんな感じで振り返ってみたのですがつまらない!!!
LINEとバンナムがずっと強いだなんてつまらないし、
ポケラボにもいい時期があったんだなとか思い出しても仕方ない。
俺はもっと刺激的な結果が欲しいんや...そう思って1年前も掘り返してみました。

というわけで2013年10月8日のデータも見てみましょう。
(結構時間掛かるのですがここまで来ると意地です。)
ダウンロード
ああ...結局何も変わらなかった...orz
強い会社はずっと強いままなのですね。

一応、今回もテキストで補足しておきますね。

GREE(9本)
セガ(8本)
LINE(8本)
CyberAgent(8本)
バンナム(6本)
コロプラ(5本)
サイバード(5本)
スクエニ(3本)
D2C(3本)
ガンホー(3本)
KLab(3本)
Asobism (2本)
Ateam(2本)
KONAMI (2本)
Digital Sky Entertainment Limited (2本)
KAYAC(2本)

今回はGREEが9本で1番となりました。
内訳としてはGREEが4本、ポケラボが5本という形です。

続くのはLINE、セガ、サイバーと結局2014年10月8日とほぼ変わらない顔ぶれに。
(ちなみにmixiはこの時期はモンストいないので1本もランクインしていないです。)

やっぱり強いところは昔から強いし、ネットワーク化されているというメリットもありますよね。
特にコロプラとかは最近その辺りの強みを全面に生かした展開になっています。
白猫のインストール速度とか見ると明白ですよね... 

個人的には「この1年間で様変わりしたぜ!どひゃー!」みたいな話があってもいいなと思ったのですが、
「やっぱり新規で突っ込むにはなかなかに厳しい市場だよね」という当然の結果に。

GREEは1年前と今では大きく変わってしまいましたが、
それら以外があまり大きな変動していないあたりを見ると新規で入る難しさがよくわかりますよね。

LINEとコロプラの盤石っぷりは1年前から伺えますし、
セガ、スクエニ、バンナムあたりのコンシューマー系がこの1年できっちり伸びてるのもわかります。
今後の展開を見る限りだとこれら以外のプレイヤーはほぼいなくなるのではとも...

ただ、関係者に聞くところだとマーケット自体の底上げがされているので、
ランキング自体は落ちたのだけど売上はステイもしくはプラスって話もチラホラ聞いたり。
常時TOP100にいるのが気持ちいいのは間違いないですが、
このあたりはコストも考えた上での勝負になるのかなとも思ったり。

聞くところによると常時TOP100いないけど月商1億超えるのもあるとか。
(どのタイミングで売上が作るかって話ですよね...)

ブログは継続力が大事との話でしたので次回も書きます。
今回の調査で色々と興味深い点があったのでそちらに言及してみたいと思います。

頑張るのでいいねかシェアしてくれると嬉しいです!
スポンサーリンク